Ahletes Lecture

強化へのアプローチⅥ

S__8560644
前回は競技スポーツの刺激は、トレーニング刺激であって、その刺激には「強・弱」と「種類」があると説明した。

今回はこの種類について説明する。

 

「刺激の種類」について

 

動作の効率性については良し悪しがあって、ここではその良し悪しを種類とする。

効率の良い動作と悪い動作では、パフォーマンスに大きく影響することから、効率の良い動作に適応させる必要がある。

 

そのためにはまず、適応させようとする効率の良い動きを見つけなければならない。しかし動きが高度になればなるほど見つけることは難しい。

 

このため私は、それぞれ専門種目の動きに熟知した指導者に習うことを勧める。それは専門種目を始める時がよい。なぜならば基礎となる良い感覚を初めに獲得できるからである。その後、そこから個々が発展させていけばよい。

 

さてこの種類を投てき選手で考えてみると、練習内容は投げ、ダッシュ、ジャンプ、ウエイト・トレーニングなどである。この投てき選手が、長距離選手と主に長い距離を走るだけの練習を長期間行った場合どうなるであろうか?

 

当然投てき選手の練習とは種類が異なるため、長距離走は強くなるであろうが、しかし投擲選手としての能力は低下する。

 

上記の例は分かりやすいものである。しかしより専門的で高レベルな動作に於いては、僅かな種類の違いでも記録に大きく影響してくる。このため高レベルの技術が必要とされるためニュートンの法則を念頭に置いて技術の向上を計らなければならない

さてトレーニングの原理・原則について少し触れておく。 


 トレーニングの原理は①過負荷(オーバーロード) ②可逆性 ③特異性
 
トレーニングの原則は①全面性 ②意識性 ③漸進性 ④反復性 ⑤個別性

 

とあるが、これらについては多くの指導者や選手が知っていることと思われるので、ここでは説明を控える。

 

私自身も選手時代、これらを学び実践した。しかし、生物の一般的特徴の中の(刺激に反応する)からヒントを得て刺激に反応を続けると刺激に適応することを考えついた後は、この原理・原則がよく理解でき、さらにそれ以上のことも知った。

まさに「木を見て森を見ず」から脱したことにより、これまで説明してきた考えに至ったのである。

 

ここまで6回にわたり強化へのアプローチとして、法則を基に考え実践していくことの勧めを書かせていただいた。これは羅針盤を見ながら航行すると同じように、強化の方向を見失わず実践に結びつけられると思ったからである。

 

指導者そして選手の皆様に於いては、これを基に多くの方法を展開していただきたい。そして成果の繋げていただければ幸いである。

強化へのアプローチⅤ

3E0AB8DB-89A4-4379-939C-BA509BDDFB96
前回より「生物の一般的特徴」の中の「刺激に反応する」が高まる、強くなる要素に繋がり、この「刺激に反応」を続けると「適応するものも出てくる」と説明した。今回はこれを競技スポーツの中で考えてみたい。

 

体力を高めたい、効率よい動きを身につけたいと思うならば、それが可能な刺激を与え適応させればよいことになる。スポーツでの刺激はトレーニングということになるが、このトレーニング刺激には「強・弱」と「種類」がある。

 

「刺激の強・弱」について

ウエイト・トレーニングを例に強・弱を考えてみると分かりやすい。

強・弱については、重量と回数そして可動域と時間が関係してくる。

 

重量においては軽いものは弱く、重いものは強い。回数は少ない方は弱く、多い方は強い。

可動域については、少ないものは弱く、多いものは強い。時間は短いものは弱く、長いものは強いこととする。

ただしウエイト・トレーニングは重量、回数、可動域、時間などの組み合わせであるため、そのトータルで強弱を判断していく。

そして適応を目的に行い、適応したならばその上の強い刺激を与え適応させる。これを続け個々の極限までレベルアップをしていく。

 

しかし強すぎる刺激は注意しなければならない。

 

それは重量が極限であったり回数が多すぎたり、大きな負荷の掛かるような動作を行う場合である。このような強すぎる刺激を与えると、過労状態に陥りまた故障にも結びつく。さらに長期間この強すぎる刺激を与えた場合、慢性疲労状態を起こし神経系もよく反応しなくなり、さらにはバーンアウトの恐れも出てくる。これらは競技スポーツすべてに於いて当てはまるので、注意して掛からなければならない。

 

特に気づかず強すぎる刺激を与えてしまうのは、精神力の強い選手に多い。また指導者が、選手の疲労の度合いを知らないため、強すぎる刺激を与えてしまう場合もある。

 

だが実際のところ、強い刺激か強すぎる刺激かの判断は難しい。さらに同じトレーニング・メニューであっても2日、3日と続くと、疲労度の関係で強すぎる刺激に変化する場合もある。このようなことから個々の疲労状態を考え、また強すぎる負荷を避けるなどの対策をもって行っていく必要がある。

 

次回は「刺激の種類」について説明していく。

強化へのアプローチⅣ

9668F89C-05C4-482F-89FD-47966B6F7EF2
前回まではどうしたら高まるか、あるいは強くなるのかについて、ニュートンの法則を基に説明してきた。これは地球上の重力下で行われるスポーツの動作において、より効率のよい動きの発見を促すためのものであった。

今回は高める、強くなるといった法則のもう一つを紹介する。これは人に焦点をあてたものである。

 

2、生物の一般的特徴

 

私が選手を終えるころであったであろうか、「人間の生物学」(菊山栄ら・培風館)その一節に興味を抱いた。そこには生物の一般的特徴が記されていた。その一般的特徴とは

(1)自発的に運動すること

(2)刺激に反応すること

(3)外界から物質を取り入れてそれを変化させてエネルギーを得たり成長すること

(4)生殖によって同種の個体を新しくつくりだす

この4つである。

 

私はこの中の(2)刺激に反応するが高める、強くする、レベルアップしていく法則と確信した。長年アイディアを出しながら実践に移し練習してきた私であったからこそ、刺激に反応することが、レベルアップに繋がると強く感じたのである。

 

人は5つの感覚器官(眼・耳・鼻・舌・皮膚)によって外界の刺激を(視・聴・臭・味・触)として反応する。

 

また生きるための厳しい環境の中でも、その刺激に慣れなければ(適応しなければ)、命を落とすことにもなりかねない。多くは生きるための厳しさに慣れることを何千年、何万年と繰り返してきた。結果、これが人間だけではなく他の生き物の進化に繋がっていると思う。

この慣れることが「刺激に対しての反応を続けると、適応するものも出てくる」と私は結論づけた。

刺激に反応し続けると適応するは個々が感じ得るもので、それは肉体面や精神面において数えきれないほどある。

 

気温の変化がよい例である。日本の11月頃の最高気温が15度では寒いと感ずるが、最高気温の10度以下が続いた1月~2月の15度は暑く感じる。これは寒さに適応したからである。適応する過程において厳しさを感じても、適応してしまえばそれを感じなくなる。

 

この「刺激への適応」の法則を用いれば、人の精神も肉体も「このようになりたい」と思うことが実現できるはずである。そうであれば、先ずこのようになりたいと云う目標を強く持つことである。

 

次回は、この刺激について深く考えていく。

強化へのアプローチⅢ

S__1212427
前回は「ニュートンの法則」を基に考えた「力の伝導」の説明をさせていただいた。今回はもう一つの「力を発揮する順序」についての考えを述べる。

 

「力を発揮する順序」

強い筋群の集まる体幹部(骨盤まわりや胴体)、そして大腿を先に働かせて、その力を手(腕や肩も含む)や足(下腿も含む)に伝える。

手や足は速く働くが、体幹部より筋肉量が少ないため大きな力は出せない。このため大筋群の集まる体幹部から先に働かせ、末端の手や足に伝えることで大きな力が発揮できる。

仮に手や足を先に働かせてしまうと、体幹部がよく使われないまま動作が終わってしまうので大きな力は出せないことになる。

競技会や練習において投てき(砲丸投げ、円盤投げ、ハンマー投げ、やり投げ)選手の手投げをよく見かける。その手は肩や腕も含まれるのだが、手(肩・腕)が先に働いてしまうことにより、体幹部の働きが十分できず、結果、大きな力が出せないまま投げてしまうことになる。

 

歩く、走る、跳ぶといった動作も同じで、体幹部から先に働かさなければ大きな力は発揮できない。一般の方だけではなく競技者も含め、体幹部を使わず足だけで歩き走っていている人は意外と多い。

 

特に、日常生活の中では、手足ですべて事足りると考えてもよい。そのため、体幹部から先に働かすことがほとんど無く、体幹部から先に働かす訓練を普段から行っておく必要がある。

 

ここで、胴や臀部そして大腿の体幹部を先に働かすと言ってきたが、私はこれら体幹部を丹田により操作することをすすめる。このため体幹部は丹田に操作されやすいような姿勢にしておかなければならない。これは歩、走、跳、投だけにはとどまらず全てのスポーツに当てはまる。しかしこれには訓練が必要であるが、覚えてしまえば体幹部を自在に働かすことができるようになる。

 

「力の伝導」と「力を発揮する順序」をまとめ、実例を挙げ説明する。

私が25歳の頃、ハンマー投げ技術のレベルアップを目的に(移動、ひねりの戻し、重心の位置、倒れ込み、ブロック)などの組み合わせと、(体幹部から先に力を発揮する)を考え実験を始めた。そしてこれら実験を通して何をすべきかの課題が見え、練習は面白くなった。結果、長い年月かかったが満足いく記録を残せた。

 

さらにハンマー投げについて話を続けると、ニュートンの第2法則(運動の法則)が最も重要となる。これに関して詳しく説明すると、飛距離は投射時の(投射スピード)(投射角)(投射高)によって決まる。この条件から考えると最適投射角で投げ出されても、また人の身長を考慮に入れた投射高も飛距離に大きな影響を及ぼすことはない。飛距離の決め手は投射スピードである。このため、投げ出す瞬間のハンマー頭部のスピードを最大限上げることを目的とし、各回転時にハンマー頭部の加速を行っていく。

 

当然、加速(ニュートンの第2法則・運動)はハンマー頭部への力の作用が必要で、その力は大きければ高度な加速につながる。この大きな力を求めていくためスウィングから各回転そして振り切りまで最もハンマー頭部に力の伝わりやすい姿勢をつくり、体幹部から力を発揮することを考えるのである。さらにその大きな力を長い時間ハンマー頭部に作用させる力積、もしくは長い距離ハンマー頭部に作用させる仕事を考え行う。

 

上記はニュートンの法則を基にハンマー投げを考え実践してきたものである。

歩、走、跳、投また多種の動作もニュートンの法則を基に考えていくことにより、向上のための何らかのヒントを得ると思われるので是非チャレンジしてほしい。

 

次回は、もう一つの法則である「生物の一般的特徴」について説明していく。

強化へのアプローチⅡ

IMG_0823
‘労多くして功少なし’のように、一生懸命やっているのに成果が出ない。実際このような選手は多い。 

解決の方法は、法則を基に考えていくことであろう。そうであれば強化の方向を見失わないで済む。

前回は「ニュートンの法則」について説明させていただいた。歩く、走る、跳ぶ、投げるなどの動作は地面の反力によるもので、その力の方向と効率性を求めていくには、二つのことをベースに考えると分かりやすい。

それは「力の伝導」と「力を発揮する順序」の二つである。

 

「力の伝導」

ある目的のための動作に対し、地面からの反力を効果的に全身に伝える。

これは、多種の動作において反力の最も伝わりやすい姿勢を求めていくことにある。それは、力の伝導の良い姿勢においては大きな力を獲得でき、悪い姿勢では小さな力しか出せないからである。このため、より大きな力を得るような姿勢を全ての局面で考えていかなければならない。

 

力の伝導をハンマー投げにおいて説明するならば、地面反力をハンマー頭部によく伝えられる姿勢を、スウィングから回転そして振り切りまで作っていくことにある。そして大きな力を得る姿勢が出来たならば、それを長い時間(力積)または長い距離(仕事量)発揮できるようにする。

 

また歩く、走る、跳ぶ、投げる、さらに他の動作を力の伝導の下で考えてみると、幾つかの実験すべきものが出てくる。

例えば歩いたり走ったりする中で、身体重心の位置を変えてみるのである。感覚的なものでよいから数センチ重心の位置を下げ歩き、走ってみたならばどのような変化が起こるのであろうか?

 

次には10㎝程度下げ、さらに20㎝程度下げてみる。腰が後ろに落ちているようであれば、一歩一歩の動きの中で重心を身体の前面に持っていくように調整する。そしてどの重心の位置が最も地面からの反力を得る姿勢なのかを探すのである。

 

これら歩き、走りは力の作用した時間(力積)に関係するものであって、跳ぶ、投げる動作に於いても大変重要となる。

 

さらに歩く、走るに関しては肩甲骨を動かし両肩を後ろに置き胸を張るようにすると身体重心は身体の前面にきて反力は大きくなり、さらに伝わりやすい姿勢ともなる。

それは身体重心が身体の前面にある方が後方にあるより、一歩前に踏み出した膝の上に上半身が乗りやすく、結果反力が大きくなるからである。

 

このように法則に基づき一つ一つの動きを徹底して考え実践に移すのである。

次回は「力を発揮する順序」について説明していく。

室伏重信profile
◆生年月日 1945年10月2日

◆出身地  静岡県沼津市

1989年 中京大学体育学部教授

2011年 中京大学体育学部名誉教授



◆主な競技実績

陸上競技 男子ハンマー投 オリンピック代表、アジア大会5連覇

日本選手権10連覇

自己ベスト記録 75m96㎝ (日本歴代2位)



1966年 第5回アジア競技大会(バンコク) 2位

1970年 第6回アジア競技大会(バンコク) 優勝

1972年 ミュンヘンオリンピック 8位

1974年 第7回アジア競技大会(テヘラン) 優勝

1976年 モントリオールオリンピック 11位

1978年 第8回アジア競技大会(バンコク) 優勝

1980年 モスクワオリンピック

*日本代表 日本のボイコットにより出場ならず

1982年 第9回アジア競技大会(ニューデリー) 優勝

1984年 ロサンゼルスオリンピック 14位

1986年 第10回アジア競技大会(ソウル) 優勝

Copyright

ブログ内全ての内容の
無断使用を固く禁止します.
Copyright © 2016 Shigenobu Murofushi All Rights Reserved.